バイナリーオプションと外国為替市場

g764334h バイナリーオプションは、シンプルで解りやすい取引ルールと、小回りの利く投資方法によって、初心者にも人気の高い金融商品になっています。
具体的には、様々な物の価値の変動が、一定時間後にあらかじめ決められている条件をクリアするかしないか、という事を予測して投資をし、予測が当たれば配当金がもらえ、外れれば投資金が没収されるという取引ルールです。

バイナリーオプションで銘柄になる物は、金や原油、有名企業株や株価指数など様々にあるのですが、一番多いのは通貨になります。
この通貨の銘柄は、外国為替市場の為替相場での為替レートの変動を利用して決められており、多くのバイナリーオプションの投資家が為替市場の値動きに注目をしています。

この外国為替市場には、いわゆる建物の市場はなく、インターネット上などにて売買をされる形式上のものであり、世界の各都市の市場を連携しているために、A国の市場が閉まることにはB国の市場が開き、それをまたC国が引き継いで、という形でぐるりと地球を一周してまた元に戻ってきます。
こうした事情により、基本的に土曜と日曜以外の平日であれば24時間いつでも為替相場が開いているために、バイナリーオプションも24時間いつでも取引が行えるのです。

このように、市場は世界中にあるのですが、その中でも世界三大市場と呼ばれている大規模なものがあります。それが「東京市場」「ロンドン市場」「ニューヨーク市場」の三つになり、この三大市場が開くときには、その規模の大きさから、為替相場の動きにいろいろな傾向が生まれるために、バイナリーオプションで取引きする場合には、この三大市場の動向を分析して対策を考えておくのが有効的になります。

24時間のタイムテーブルの中で、最初に動き出す三大市場は「東京市場」になります。
その前のニュージーランドのウェリントン市場を引き継いで並行する形になりますが、やはり三大市場の一つであるために、週明けや、午前中の特に朝の内などには様々な注文が殺到して変動が大きくなる傾向があります。
それ以外の時間の東京市場は比較的に穏やかで、経済情勢をかえるような事象でもない限りは、値動きも緩やかなものとなります。

こうしたことから、東京市場の時間帯は初心者の投資家にとっても相場の動きを読みやすくなっているため、バイナリーオプションの取引業者に取り扱いがあるのであれば、変動の大きな相場に強く段階的に到達価格が決められているラダーオプションや、レートがほとんど変動したい相場に強く一定の価格帯の外か内かを予測するレンジオプションなどを状況に応じて使い分けるといいでしょう。

その次の三大市場はロンドン市場になります。季節によって時間の差異がありますが、日本時間の午後5時から午前3時まで開いています。
ロンドン市場は相場の変動が大きいことで知られており、経済情勢などの影響を受けやすいという特徴があります。

したがって、しっかりとその傾向をつかみ、例えばファンダメンタル分析を行っていけば、その変動の原因を掴んで、変動の大きな動きに対して的確な投資を行うことも可能になります。

最後の三大市場はニューヨーク市場になります。こちらも季節による時間差はありますが、午後10時から翌朝の5時までが開いている時間になります。
ロンドン市場と開いている時間が重なる部分があるために、この時間帯とその前後には、世界中で通貨の流通量が増大し、大きな為替相場の変動がみられるのも特徴です。
ニューヨーク市場では為替の動きを予測するのは非常に難しく、初心者の投資家には少し厳しい状況かもしれません。
ニューヨーク市場で初心者の投資家が確実性を求めて取引をするのであれば、ニューヨーク市場が閉まる少し前あたりの相場を利用すると比較的安定しています。

このように、それぞれの為替市場にも特徴があり、取引きを行う時間によって様々な傾向がありますので、よく研究をして適切な状況を鑑みながらバイナリーオプションを行っていけば、利益を上げるチャンスは充分にあるのです。